DESIGNfirm

Topics

2013.01.29

東京原木会館 木族Networks が竣工しました。

東京 木場の東京原木協同組合がオーナーの「原木会館」敷地内の既存管理棟リノベーション。
同組合が運営する文化事業「木族Networks」の活動拠点として、再整備が図られました。
この写真は、リノベーション前の管理棟の様子です。


原木 004.jpg


既存建物の壁式構造をそのまま生かし、正面を覆うように4寸角のレッドシダーを小間返しに、斜めに立て懸けるように取り付けました。
このルーバーは、本来の機能である自然光と風の透過性、プライバシーの確保に加え、"木の文化の継承・復権拠点のショールーム"に相応しいファサードづくりを狙ったものです。
レッドシダーはラフソーン(鋸目)仕上の上、柿渋塗りとし、本来の風合いを活かした仕上を心掛けました。


原木 050.jpg


外部階段は、80㎜の厚さを持つレッドシダーの1枚板を組み合わせたものです。


原木 082.jpg


サロンの内装はチークフローリング、熟練左官職人(ぬり貫)による西洋漆喰壁、ラフソーン仕上のレッドシダー縁甲板天井などで構成しました。
ガラスクロス張りの特注照明(ヤマギワ)、サペリ材特注テーブル(協和木材産業)、レッドシダー材の扉や特注収納家具などを組み入れることで、より無垢の木とのハーモニーが感じられるようなインテリアを目指しました。


原木 053.jpg


原木 094.jpg


会議室は、天井まで西洋漆喰を塗り回しています。


原木 045.jpg


斜めに固定したレッドシダー材の足元に、アートガラス特注庭園灯(ウル)を据え、夜間は行燈を灯したようなランティングとしました。
また、建物前面に特注人工土壌入り金網植栽(5×緑)を設置することで、無味乾燥とした駐車場に小さな"園"を設えました。


原木 058.jpg


原木 060.jpg


「木族Networks」という新たな活動を通じて、この建物が、木に対する同じ志を持つ人達を結び付ける触媒としての役割を担ってくれることを期待しています。


▲ ページトップへ

Copyright(C) DESIGNfirm Inc. Reserved.