DESIGNfirm

Topics

2012.10.22

千葉英和高等学校 多目的教室棟が竣工しました。:その2

千葉英和高等学校は、1946年に創立された男女共学の私立高校です。
今春、鉄筋コンクリート造、3階建て、約500坪の多目的教室棟が竣工しました。
3層分の高さの吹抜けを持つカフェは、休み時間や放課後、生徒達の"たまり場"になっています。


英和:竣工写真 004.jpg

2階レベルから中庭側を見たところです。
アルミ木複合サッシュ越しに外部の煉瓦透かし積みシェイド、膜天井、特注ペンダントなどが見えます。


英和:竣工写真 005.jpg

1階レベルから、膜天井を見上げたところです。
膜天井は天井落下事故の心配が無く、吸音性や断熱性、トップサイドライトから自然光を導き入れるといった役割も担っています。
また、特注アップライトブラケットの反射板としても有効です。


英和:竣工写真 009.jpg

吹抜けの1階と2階を繋ぐ鉄骨廻り階段奥の木製ルーバーに設えられたベンチコーナー。
大きなコモン(カフェトリウム)とは性格の異なる小さなコモン(ミニコモン)として位置付けられます。
写真の右側のベンチ奥が視聴覚室の出入り口になっています。


英和:竣工写真 010.jpg

1階北側に配置された視聴覚教室(215席)です。


英和:竣工写真 011.jpg

3階教室前に設置されたベンチコーナー。
これも小さなコモン(ミニコモン)です。


英和:竣工写真 012.jpg

2・3階の普通教室は、北側の大きな開口部から、安定した採光が確保できます。
吊るし放しの鬱陶しいカーテンも不要です。


英和:竣工写真 013.jpg

トイレの入口と女子トイレの洗面台です。
お洒落な雰囲気が、女生徒に好評です。


英和:竣工写真 015.jpg

英和:竣工写真 014.jpg

使い始めてみて、当初の想定とは違った場面がいくつか見られましたが、次第に使い込まれた美しさが醸し出されることを夢見ています。


▲ ページトップへ

Copyright(C) DESIGNfirm Inc. Reserved.